熱帯魚とか趣味のナースのある朝の1コマ。

うぅー、眠いなあ。6:30か。
そろそろ早起きの人は起きてるな。検温に行くとするか。
7:30には検温も済ませて、それから記録して日勤者が来るまでに仕事終わらせるぞ。

まずはお尻から背中まで深い火傷で入院中の高齢の男性。
もともと下半身麻痺がある。
「○○さん、おはよーございますー。火傷のとこ汁が上まできてないか見せてねー。」

あっ、うんこ出てる…。そうかこの部位だと排泄=傷の汚染なんだ。
これ全部替えるの1人でできるかなあ…。
今、6:40か…。急がなきゃー。

「○○さん、うんこ出ちょうけん(出てるから)オムツもガーゼも全部替えろうね。」
「そうか、頼むけん。」

1人では厳しい。相方にヘルプコール。
2人で処置する合間にも朝のナースコールが鳴りまくる。

「そしたらこっち向きになってー。お湯流すよー。」

うっ、寝巻きとシーツまで濡れた。

よいしょ、よいしょ。
陰部周辺をぬるま湯で流し蒸しタオルで綺麗に押し拭きする。
熱傷している皮膚全体を清潔なガーゼで覆い、固定。
古い寝巻き、シーツ、オムツなどを体の下に巻き込み
新しいシーツや寝巻き、オムツをさらに押し込みます。
(文章ではピンとこないと思いますが、これは寝たきりの人の着替えなどを寝たままする看護技術。)

「今度は反対向こうかねー。」
よいしょ、よいしょ。
古いシーツなどを引き出しどけます。新しいシーツ類も体の下から引っ張り出して…。
うー、腰痛い…。

「仰向けになろうかねー。」
新しいシーツ類を整えます。

「朝からあっち向いたりこっち向いたりしんどかったねー。ごめんよー。」
「仕方ないわね、自分が悪いがやけん(自分が悪いのだから仕方ない)。」
「悪いことあるかね、何言いようが(悪いことなんかない、何言ってるの)。」

さて、そこらに散乱したガーゼパックのゴミやら何やらを片付けて
さあ、検温に行かなきゃ!今は…7:15か。急げー。

「看護婦さん、この子の顔の発疹昨日よりひどくなってるんですよ。」
「発疹意外に気になることある?とりあえず朝一番に先生に診てもらおうね。
お熱も下がってるし、少しは待てそうかな?」
「はい、分かりました。」
「ごめんね。すぐに診てもらうけんね。」

チャララーン。食事が来た。
やばい、血糖値測らなきゃいけない人のとこ行かなきゃ。

「○○さん、血糖測らせてねー。」
言葉は普通だが時間に追われて焦る。
「ちくっとしますよー。」
血糖値はとりあえず処置は必要ない数値でほっとする。

まだ一部屋検温できてないー。
バタバタ、バタバタ…。

なんとか終わったのは8:30。
当初の予定よりだいぶずれ込んでしまった。
そんなことばっかりだけど。

申し送りして着替えて外に出るといい天気。
まぶしくて目が開かない…。
相方と「目、開かないよねー。運転できないぞー。帰れないじゃんかー。あははー。」
と高笑いなんぞしたりして。

何もない深夜勤務でよかったな。
[PR]
by mikeneko_sakura | 2005-06-19 01:22 | ナースのお仕事


<< こんな所で休憩ですか…。 現在の水景色々 >>